PLAN Bなき日本を憂う

3月 18, 2020 未分類

PLAN Bなき日本を憂う

3/18/2020

コンサルタントは常にプランBを考えている。プロジェクトマネージャも同じだ。あらゆるプロジェクトは、最低3プラン用意する。日本の意思決定者が往々にしてボンクラであることや、世襲であることとも無縁ではないが、世界中、プランBを持たない団体は存在していない。

ところが日本においては常に是か非か? YesかNoか? である。これは驚くべき話で日本人の優柔不断さ、二枚舌三枚舌、スタンダードがいくつもあることは世界的に有名であり、白黒つけないのが日本人、というのがもっぱらの評判であるのに。

コロナ騒ぎでも、オリンピックをやるのかどうか、が大問題である。そんな場合ではないのに。命に関わっているのにスポーツの祭典なんかどうでもいい。世界中の人がそう考える。日本だけ違うのか? なぜなのか?

オリンピックを主宰しているのはアラブだのサウジアラビアの王子様たちらしいんだよ。彼らは原油安で今ピンチなんだ。みんなだってそうだろう? 会社が潰れそうなのに、子どもが、来月の運動会に来てくれるよね? とか言われたらどう思う?

富士フイルム社の関連会社が特効薬を発明したんだそうだ。おかしな話だ。日本の公認感染者数は1000人に届いていない。臨床試験をクリアしたとはとても思えない。また人種の壁を超えて効くのかどうかもわからない。コロナウィルスなるものが一種類かどうかもわからない。

既往症がある人が不利な状態で、安全性が高い薬が投与されたとしても、その薬効が強ければ強いほど、副作用も大きいのが常であり、危険度も高い。そういうことも何もわからない状態で日本は世界一の国だと盲信する人が株をストップ高にしてしまう。

どんなに少なくても一人種100人に投与して結果をみる、という過程がなければいけない。安全性が担保されたら、千人、万人と広げて、より正確なデータをとらないとならない。

旧型コロナウィルスはいわゆる風邪の4割だという話も嘘くさい。突然出てきた話だ。いわゆる風邪は、気温の変化などに体調がついていかず、体調に変調をきたしたり、疲労からくるものだと思っていたのだが、突然ウィルスのせいだ、という話になり、その4割が旧型コロナウィルスなんだとさ。何も信じられない。

オリンピックはもちろん中止にするべきだろう。どう考えてもリスケは不可能だからだ。1年遅れ、2年遅れというスピードで動いているイベントではない。2020年が決まったのは、約8年前であり、その招致までに都知事が何人も変わっていることを忘れてはいけない。

すでに2024年はパリが決まっている。2022年には大阪で万博もある。オリンピックのために作られる施設の多くは仮設であり、選手村はマンションとして分譲も決まりはじめている。2020年は飛ばして2028年にすべてを仕切り直してやる、ということは可能かもしれない。しかし、それは石原慎太郎が夢に描いた、若者たちに夢を与えるスポーツの祭典とはかけ離れたものになる。

富士フイルムの薬が特効薬だったとしよう。それで世界中の患者と、まだ検査を受けていないがキャリアとなっている人を治すのに、何週間かかりますか? 今回は再感染の問題もある。そして重篤となると人工呼吸器につながないといけない、という問題もある。

世界中に人工呼吸器を配備しないといけない。そんなことができないことは人口密度が低い国ではわかりきった話だ。日本でも北海道民はそうだろう。人工呼吸器を増産して世界中に配備する時間、臨床データり、をもとに世界中に特効薬を配備する時間。

どんなに頑張って、どんなにお金を積んで、どんなに努力したところで、絶対に間に合わない。すでに予選会が中止になっている。日本に対する不信感も強い。放射能はアンダーコントロールではないし、武漢インフルエンザは検査すらしていない。

日本そのものがオリンピックどころではないのだ。前回も書いたように、あらゆるエンタメは存続の危機にたたされている。世界中のアーティストがそれをツイートしている。日本では演芸場以外のホールは閉鎖され、バーや居酒屋すら閑古鳥だ。

前にも指摘したように、何をもって安全宣言となるのかわからない緊急の非常事態宣言により、すべての社会活動に制約が出ている。すでに私達は半月以上を失っている。これが3ヶ月ともなると、生活費がなくなり命に関わる人が多数出てくる。

にも関わらず、国のリソースの多くを、地球の裏側からいやいや連れてくる人たちのスポーツのためにつぎ込むんですか? 正気ですか?

危険度ゼロのはずの原発が爆発し、耐用年数が過ぎているのにまだ原発を使い続けようとする。プランBがないですから。本当に見ていて悲しいです。無料でもいいからコンサルティングしてあげたくなります。私達の生命・財産に関わりますから。

国民生活や国民の生命財産とオリンピックとどっちが大事なの??

このことでいいかげん目をさまして、年金でもなんでも、プランB、プランCを常に示して、厳しい現実でも受け入れられる大人の国になりましょうよ。今回はいい機会だと思いますよ。あと300年コトナだけで滅ぼされないで生きられるとはとても思えませんから。

JICI現代問題研究所

投稿者:JICI現代問題研究所

現代問題研究所WEBマスターです。 ご連絡につきましては050-7109-0369までお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です